オリ金子は「ソフトバンク経由、1年後メジャー」の仰天情報

公開日: 更新日:

「すべての可能性を考えたいと思い、こういう決断になった」

 FA権行使期限の最終日となった11日、オリックスの金子千尋(31)が国内FA権を行使した。ポスティングによるメジャー挑戦が既定路線といわれた男がまさかのFA宣言。オリックスの瀬戸山球団本部長は「こちらは(ポスティングは)考えていないと本人に言ってきた。残念だが、引き続き粘り強く交渉したい」と神妙な面持ちだった。

 これにより金子の選択肢は3つに増えた。国内他球団への移籍とオリックスでのFA残留。そして、オリックスに残留した上でのポスティングによるメジャー挑戦だ。

「金子はオリックスに是が非でもポスティングを認めさせたいのだろう」と、さる球団の編成担当がこう続けた。

「オリックスは宮内オーナーが強く残留を希望しており、現時点でポスティングを認めていない。でも金子としては、来季取得予定の海外FA権の取得まで待てない。選手にとって今の入札制度は、獲得意思のあるメジャーの全球団と交渉ができる。『球団が入札金を得られる海外FA』といっていい。金子は、オリックスに対して、FAで国内他球団に行かれるくらいなら、ポスティングを認めて最大20億円の入札金をもらった方が得でしょ? と迫っているのだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る