米移籍への“状況証拠” オリ金子が異例のマウンド整備依頼

公開日:  更新日:

 ポスティングシステムを使ったメジャー移籍がウワサされるオリックスの金子千尋(30)は、日頃、ほっともっとフィールド神戸のサブグラウンドを使う。チームの遠征中、居残りで調整をするときはそこのブルペンで投げ込むことが多い。

 そんな「金子の庭」ともいうべき場所に、ごく最近、本人からリクエストが入ったらしい。関係者の話を総合すると「ピッチングをしたいのでブルペンを硬くしておいて欲しい」というものだったという。

 金子は硬いマウンドを好む。普段、金子が本拠地の京セラドームで投げるときは、マウンドを硬く仕上げるくらい。リクエスト自体は特別変わったものではない。

 問題はリクエストの時期だ。CS敗退でシーズンが終了。例年なら蓄積した疲労を取り除き、体のケアや手入れをしているであろうこの時期に、本格的な投げ込みをするつもりでいる。金子が実際にブルペンを使ったかどうかはともかく、投げる準備を周到にしていることが異例なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る