• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

王者奪回の切り札? 巨人の「新助っ人候補」に早くも不安材料

 巨人の新外国人候補が明らかになった。11日のスポーツ報知が「巨人 先発W獲り」と書いた、レンジャーズの右腕マイルス・ミコラス(26)と左腕アーロン・ポレダ(28)の両投手である。系列紙が「頂点に返り咲くための戦力補強は、着々と進んでいる」と結んでいるのだから、確度は高いだろう。

 今季、リーグ3連覇を果たしながら、CSで阪神に屈辱の4連敗を喫した巨人。エースの菅野を故障で欠いた投手陣の脆弱さが露呈しただけに、この2人の新外国人候補に寄せられる期待は大きいが……。

「まず、196センチの長身から投げるMAX151キロの速球が武器とされるミコラスの方ですが」とメジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏が続ける。

■小細工の多い日本野球に対応できるのか

「確かに、今季の直球の平均球速が約150キロと球は速いですが、その割に三振が取れないのが気がかりです。10試合に投げたメジャーでの今季の三振数は57回3分の1で38個。パドレスの3Aでクローザーを務めていた昨年も60回で40個です。球は速いがキレがなく、空振りを取れる変化球もないからです。それは一発病にも表れ、今季は8被本塁打。さらに気になるのが、得点圏被打率です。スコアリングポジションに走者を置いた場面で実に.469と打たれている。走者なしの場面では.224の被打率が、走者を置くと.368に跳ね上がる。神経質なタイプなのです。走者が出たらバントや盗塁など小細工の多い日本の野球に対応できるか、これも不安な点です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る