松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、メジャーのお偉いさんごらんなさいな

公開日: 更新日:

 まるで日本プロ野球選手、年末メジャーリーグ叩き売り会場のような日米野球。

 メジャーリーガーは奥さん連れてシーズンオフの海外旅行と、張本勲はいまだに言ってはばからない。当然、練習はしていない。

 かたや日本選手は何とか呼んでもらいたいから必死に練習して試合に臨む。ノーヒットノーランに抑えこみゃこっちのもの。日米の実力はほとんどなくなったとはいえ、契約条件の違いは歴然だろう。

 もしかして、岩隈や和田も「打たせてやってくれんね? それが故郷への恩返しだと思って」ぐらいの依頼がどこぞからあったのかもしれぬ。

「さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい。ずらり並べた日本の一流選手、メジャーリーグのお偉いさんごらんなさいな、こいつはすごいよ所属の会社は港神戸のリース業。選手一人貸し出すんだってただじゃ起きないオリックス。見上げたもんだよ屋根屋のふんどし、見上げてごらんよ屋根越しの虹。その七色の変化球でバッターをバッタバッタと手玉に取るも、どの球使うか迷うっていうぐらいの球筋だ。米国ねいちゃんころっと参るよ、金子千尋ださあお立ち会い!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る