松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、メジャーのお偉いさんごらんなさいな

公開日:  更新日:

 まるで日本プロ野球選手、年末メジャーリーグ叩き売り会場のような日米野球。

 メジャーリーガーは奥さん連れてシーズンオフの海外旅行と、張本勲はいまだに言ってはばからない。当然、練習はしていない。

 かたや日本選手は何とか呼んでもらいたいから必死に練習して試合に臨む。ノーヒットノーランに抑えこみゃこっちのもの。日米の実力はほとんどなくなったとはいえ、契約条件の違いは歴然だろう。

 もしかして、岩隈や和田も「打たせてやってくれんね? それが故郷への恩返しだと思って」ぐらいの依頼がどこぞからあったのかもしれぬ。

「さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい。ずらり並べた日本の一流選手、メジャーリーグのお偉いさんごらんなさいな、こいつはすごいよ所属の会社は港神戸のリース業。選手一人貸し出すんだってただじゃ起きないオリックス。見上げたもんだよ屋根屋のふんどし、見上げてごらんよ屋根越しの虹。その七色の変化球でバッターをバッタバッタと手玉に取るも、どの球使うか迷うっていうぐらいの球筋だ。米国ねいちゃんころっと参るよ、金子千尋ださあお立ち会い!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る