JGTOの“お粗末”規定変更で松山英樹が来季見られない?

公開日:  更新日:

「ダンロップ・フェニックス」(宮崎・フェニックスCC=7027ヤード・パー71)の2日目は、松山英樹(22)が10アンダーで単独首位。松山と同組のジョーダン・スピース(21・米国)が、1打差9アンダーで2位タイにつけた。

 日本人4人目の米ツアー優勝を遂げた松山にとって、日本ツアーは4カ月ぶり2試合目。ところが「これでは足りない」(ツアー関係者)と、出場試合数が大問題になっている。

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は今年から長期シード選手に対して出場義務試合数を3から5に引き上げ、クリアできなかった場合、来季の出場資格を停止すると変更した。米ツアーを主戦場にする松山や石川遼を日本ツアーに出場させて、観客動員数をアップさせるのが狙い。もちろん、スポンサー対策でもある。

 国内ツアーは残り2試合。松山の試合数は規定に届かず、来季の出場資格停止は必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る