また問題発言 池田勇太に「ホストプロ失格」の声

公開日:  更新日:

【BSオープン】 千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C=7119ヤード・パー71

 前週の日本オープンに勝って、今週も「狙う」と宣言したホストプロの池田勇太(28)。2日目の24日は通算1オーバー56位タイの最下位で予選はどうにか突破して面目は保った。

 ホールアウト後は、「(ショット?)何とか合わせながらって感じ。(予選を)通れば、直してまた頑張ればって感じ」と記者との受け答えがぶっきらぼうだった。優勝を狙うといった手前、小っ恥ずかしかったのだろう。とはいえ、契約メーカーの親会社が主催する大会だけに、試合を盛り上げることができなければ情けない。それどころか、前日は問題発言も飛び出していた。

「天気が悪くなっていつも以上に(ドライバーの)使用回数が増えると、技術だけではカバーできない部分も出てしまっているなぁと、感じる。それをクラブのせいにはしたくないですけど、少なからず厳しい状況になりつつある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る