日ハム大谷 調整で最速162キロ連発はCSへの“不安材料”

公開日:  更新日:

 ボールのスピードだけなら、いますぐメジャーで通用する。日本ハムの大谷翔平(20)が、5日の楽天戦で公式戦最速タイとなる162キロを連発した。ストレート14球中、4球が162キロ。ストレートの平均球速はなんと159.9キロだった。

 この日は11日から始まるCSファーストステージに向けた調整登板のため2回で降板。短いイニングならメジャーリーガー顔負けのスピードボールを連投できる潜在能力の高さを改めて証明した。

「間隔もあいていたので、真っすぐ主体でどれだけ押せるかを課題にしていましたが、まずまずだったと思います。ただ、もう少し精度を上げていかないといけない部分もあったので、次の登板までには修正したい」とは登板後の本人だ。

 この日は9月21日の楽天戦以来の登板。中13日と間隔があいたのは風邪による発熱のためで、それでも公式戦最速をマークした。病み上がりなのに「真っすぐ主体でどれだけ押せるか」をテーマにしたことの是非はともかく、162キロを連発した反動は心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る