金子でも前田でもない…日米野球メジャー絶賛は“あの投手”

公開日:  更新日:

「カネコ? まだ投げていないよね? わからないよ。でも、日本で気になるピッチャーはひとりいる。マエダじゃないよ(笑い)」

 14日の日米野球の試合前。日刊ゲンダイ本紙の直撃にこう話し始めたのがインディアンスの主砲、C・サンタナ(28)だ。

 12日の初戦でメジャー移籍が注目される広島の前田と対戦。2打数無安打に終わったが、「確かにマエダは素晴らしい投手。でも、ベンチで話題になっていたのはマエダの後に投げたアンダーハンドの投手。彼は何者なんだ? タイミングが取りづらく、非常にいい投手だよ」と目を丸くしたのだ。

 メジャー側に前田の情報は細かく入っていたものの、2番手に登板したアンダースローの牧田和久(30=西武)の詳細は入っていなかったらしい。

 牧田は12日の試合で2回を投げ無安打無失点。メジャーのスーパースター相手に見事な投球を見せた。この好投にメジャーベンチでも「牧田株」が急上昇。今季ナ・リーグ首位打者のJ・モーノー(33=ロッキーズ)も、「スピードはないが、手元で(ボールが)伸びる。メジャーに来たら厄介な投手になるはず」と絶賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る