金子でも前田でもない…日米野球メジャー絶賛は“あの投手”

公開日:  更新日:

「カネコ? まだ投げていないよね? わからないよ。でも、日本で気になるピッチャーはひとりいる。マエダじゃないよ(笑い)」

 14日の日米野球の試合前。日刊ゲンダイ本紙の直撃にこう話し始めたのがインディアンスの主砲、C・サンタナ(28)だ。

 12日の初戦でメジャー移籍が注目される広島の前田と対戦。2打数無安打に終わったが、「確かにマエダは素晴らしい投手。でも、ベンチで話題になっていたのはマエダの後に投げたアンダーハンドの投手。彼は何者なんだ? タイミングが取りづらく、非常にいい投手だよ」と目を丸くしたのだ。

 メジャー側に前田の情報は細かく入っていたものの、2番手に登板したアンダースローの牧田和久(30=西武)の詳細は入っていなかったらしい。

 牧田は12日の試合で2回を投げ無安打無失点。メジャーのスーパースター相手に見事な投球を見せた。この好投にメジャーベンチでも「牧田株」が急上昇。今季ナ・リーグ首位打者のJ・モーノー(33=ロッキーズ)も、「スピードはないが、手元で(ボールが)伸びる。メジャーに来たら厄介な投手になるはず」と絶賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る