侍J勝ち越しも…魅力なき日米野球に騒ぐメディアの勘違い

公開日: 更新日:

 日本代表が大リーグ選抜に勝ち越したのは24年ぶりだと、スポーツメディアがかまびすしい。

 先発の大谷翔平(20=日本ハム)が160キロをマークした昨18日の最終戦は、第4戦に続いて日本代表が連敗。それでも3勝2敗と勝ち越したのは久々だし、去る15日の第3戦は則本(23=楽天)、西(24=オリックス)、牧田(30=西武)、西野(23=ロッテ)のリレーでメジャー打線を無安打無得点に。テレビ中継の実況アナは「ついに日本のプロ野球はここまで来た!」と絶叫したほどだ。

 今年の米球宴メンバーで、今回来日したのはカノ内野手(32=マリナーズ)、ペレス捕手(24=ロイヤルズ)とプイグ外野手(23=ドジャース)の3人だけ。過去MVP3回のプホルス内野手(34=エンゼルス)、今季29本塁打でチームを地区優勝に導いたアダム・ジョーンズ外野手(29=オリオールズ)らメジャーを代表する選手は当初、日米野球の出場メンバーに名を連ねながら途中で辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る