侍J勝ち越しも…魅力なき日米野球に騒ぐメディアの勘違い

公開日:  更新日:

 日本代表が大リーグ選抜に勝ち越したのは24年ぶりだと、スポーツメディアがかまびすしい。

 先発の大谷翔平(20=日本ハム)が160キロをマークした昨18日の最終戦は、第4戦に続いて日本代表が連敗。それでも3勝2敗と勝ち越したのは久々だし、去る15日の第3戦は則本(23=楽天)、西(24=オリックス)、牧田(30=西武)、西野(23=ロッテ)のリレーでメジャー打線を無安打無得点に。テレビ中継の実況アナは「ついに日本のプロ野球はここまで来た!」と絶叫したほどだ。

 今年の米球宴メンバーで、今回来日したのはカノ内野手(32=マリナーズ)、ペレス捕手(24=ロイヤルズ)とプイグ外野手(23=ドジャース)の3人だけ。過去MVP3回のプホルス内野手(34=エンゼルス)、今季29本塁打でチームを地区優勝に導いたアダム・ジョーンズ外野手(29=オリオールズ)らメジャーを代表する選手は当初、日米野球の出場メンバーに名を連ねながら途中で辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る