侍J勝ち越しも…魅力なき日米野球に騒ぐメディアの勘違い

公開日: 更新日:

 日本代表が大リーグ選抜に勝ち越したのは24年ぶりだと、スポーツメディアがかまびすしい。

 先発の大谷翔平(20=日本ハム)が160キロをマークした昨18日の最終戦は、第4戦に続いて日本代表が連敗。それでも3勝2敗と勝ち越したのは久々だし、去る15日の第3戦は則本(23=楽天)、西(24=オリックス)、牧田(30=西武)、西野(23=ロッテ)のリレーでメジャー打線を無安打無得点に。テレビ中継の実況アナは「ついに日本のプロ野球はここまで来た!」と絶叫したほどだ。

 今年の米球宴メンバーで、今回来日したのはカノ内野手(32=マリナーズ)、ペレス捕手(24=ロイヤルズ)とプイグ外野手(23=ドジャース)の3人だけ。過去MVP3回のプホルス内野手(34=エンゼルス)、今季29本塁打でチームを地区優勝に導いたアダム・ジョーンズ外野手(29=オリオールズ)らメジャーを代表する選手は当初、日米野球の出場メンバーに名を連ねながら途中で辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

  10. 10

    五輪開催20年度の改革は下村元文科相「公言」で既定路線化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る