緒方新監督で「秋季キャンプ」が一変 かつてのカープを彷彿

公開日:  更新日:

 広島が21日に宮崎・日南での秋季キャンプを打ち上げた。野手総合コーチから昇格した緒方孝市新監督(45)の「色」がはっきり見て取れた。担当記者として約50年、チームを見てきたスポーツライターの駒沢悟氏が新生カープをリポートする。

 朝9時。全体練習が始まる1時間も前に、野手陣がグラウンドに出てきた。早出で行われるノックを受けるためで、時には投手も加わって熱のこもった投内連係が繰り広げられた。今季までの野村前監督(48)には、なかったことである。

「気持ちと頭と体がフレッシュなうちに守備走塁練習をやりたかった」

 そう説明する新監督の下、練習は連日、午後6時近くまで行われた。途中、6年目外野手の岩本らが練習に対する姿勢を叱責され、広島に“強制送還”。指揮官の「オレは野村監督みたいに優しくない」との言葉とともに、新生カープの厳しさがスポーツ紙などで紹介された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る