緒方新監督で「秋季キャンプ」が一変 かつてのカープを彷彿

公開日:  更新日:

 広島が21日に宮崎・日南での秋季キャンプを打ち上げた。野手総合コーチから昇格した緒方孝市新監督(45)の「色」がはっきり見て取れた。担当記者として約50年、チームを見てきたスポーツライターの駒沢悟氏が新生カープをリポートする。

 朝9時。全体練習が始まる1時間も前に、野手陣がグラウンドに出てきた。早出で行われるノックを受けるためで、時には投手も加わって熱のこもった投内連係が繰り広げられた。今季までの野村前監督(48)には、なかったことである。

「気持ちと頭と体がフレッシュなうちに守備走塁練習をやりたかった」

 そう説明する新監督の下、練習は連日、午後6時近くまで行われた。途中、6年目外野手の岩本らが練習に対する姿勢を叱責され、広島に“強制送還”。指揮官の「オレは野村監督みたいに優しくない」との言葉とともに、新生カープの厳しさがスポーツ紙などで紹介された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る