単身赴任はつらい…ヤ軍黒田の去就を決める“夜のストレス”

公開日:  更新日:

「ヒマでヒマで仕方がない」

 ヤンキースの黒田博樹(39)が親しい関係者にこぼしているという。

 今季はチーム最多の199イニングを投げ、11勝9敗、防御率3.71。年齢と16億円の年俸がネックになり、ヤンキース残留の可能性は低いが、単年17億円を提示しているドジャースをはじめ、複数球団が獲得を狙うなど引く手あまただ。

 そんな黒田が年俸以上に気にしているのがストレスだという。現地関係者は「単身赴任の生活が相当こたえているようです」と言う。

「練習や試合が終わった後は真っすぐ帰宅。ニューヨーク市内の日本料理屋に頼んでおいた弁当をマネジャーに取りに行かせ、自由の女神が見える高級マンションの部屋でそれを食べながらDVDを見て、就寝。これが本拠地での黒田の一日です。『遠征先ならチームメートと食事に行けるけど、本拠地だとみんな家族がいるから家に帰っちゃう。ニューヨークにいる時が一番ヒマ』と、よくこぼしています。だから、たまに日本から知人や友人が来ると大喜び。市内の日本居酒屋で4時間付き合わされた人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る