単身赴任はつらい…ヤ軍黒田の去就を決める“夜のストレス”

公開日: 更新日:

「ヒマでヒマで仕方がない」

 ヤンキースの黒田博樹(39)が親しい関係者にこぼしているという。

 今季はチーム最多の199イニングを投げ、11勝9敗、防御率3.71。年齢と16億円の年俸がネックになり、ヤンキース残留の可能性は低いが、単年17億円を提示しているドジャースをはじめ、複数球団が獲得を狙うなど引く手あまただ。

 そんな黒田が年俸以上に気にしているのがストレスだという。現地関係者は「単身赴任の生活が相当こたえているようです」と言う。

「練習や試合が終わった後は真っすぐ帰宅。ニューヨーク市内の日本料理屋に頼んでおいた弁当をマネジャーに取りに行かせ、自由の女神が見える高級マンションの部屋でそれを食べながらDVDを見て、就寝。これが本拠地での黒田の一日です。『遠征先ならチームメートと食事に行けるけど、本拠地だとみんな家族がいるから家に帰っちゃう。ニューヨークにいる時が一番ヒマ』と、よくこぼしています。だから、たまに日本から知人や友人が来ると大喜び。市内の日本居酒屋で4時間付き合わされた人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る