単身赴任はつらい…ヤ軍黒田の去就を決める“夜のストレス”

公開日: 更新日:

「ヒマでヒマで仕方がない」

 ヤンキースの黒田博樹(39)が親しい関係者にこぼしているという。

 今季はチーム最多の199イニングを投げ、11勝9敗、防御率3.71。年齢と16億円の年俸がネックになり、ヤンキース残留の可能性は低いが、単年17億円を提示しているドジャースをはじめ、複数球団が獲得を狙うなど引く手あまただ。

 そんな黒田が年俸以上に気にしているのがストレスだという。現地関係者は「単身赴任の生活が相当こたえているようです」と言う。

「練習や試合が終わった後は真っすぐ帰宅。ニューヨーク市内の日本料理屋に頼んでおいた弁当をマネジャーに取りに行かせ、自由の女神が見える高級マンションの部屋でそれを食べながらDVDを見て、就寝。これが本拠地での黒田の一日です。『遠征先ならチームメートと食事に行けるけど、本拠地だとみんな家族がいるから家に帰っちゃう。ニューヨークにいる時が一番ヒマ』と、よくこぼしています。だから、たまに日本から知人や友人が来ると大喜び。市内の日本居酒屋で4時間付き合わされた人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る