• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天新監督に浮上の古田敦也氏 古巣から再登板の声ない理由

「楽天の次期監督候補に名前が挙がっても、古田君がヤクルト監督に復帰することはまずありません」

 ヤクルトのベテランOBがこう言った。楽天の次期監督候補に浮上している元ヤクルト監督の古田敦也氏(49)。次期監督を探しているのは楽天だけじゃなく、古巣のヤクルトだって同じ。なのに再登板の話は一切、聞こえてこないのはなぜか。

 冒頭のOBは、「古田君は06年に捕手兼任監督に就任し、わずか2年で追われるようにヤクルトを去った。その当時の『古田アレルギー』がいまもヤクルト内に蔓延しているのです」と、こう続けた。

「戦う選手会長として04年の球界再編騒動で『時の人』となった古田君は、05年オフに堀オーナーと当時の多菊球団社長の後ろ盾を得て、4億とも5億ともいわれる年俸で兼任監督に就任。同時に、球団内に『Fプロジェクト』を立ち上げ球団経営にも参画。フジテレビの日枝社長(当時)から補強資金を引っ張るだけでなく、球団の金庫が底を突きかけるほどの莫大な資金を投下して補強、ファンサービス拡大を試みましたた。とろこが順位は3位にとどまり、観客動員は前年比わずか1%増。古田改革は“大失敗”に終わったというのが、フロントの評価なのです。球団をないがしろにするスタンドプレーも目立ち、周囲から白い目で見られました。にもかかわらず、チームが低迷したのは、球団がバックアップしてくれないから、補強にカネを使ってくれないからと言い、当時のフロントはみな怒り心頭だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る