楽天新監督に浮上の古田敦也氏 古巣から再登板の声ない理由

公開日: 更新日:

楽天の次期監督候補に名前が挙がっても、古田君がヤクルト監督に復帰することはまずありません」

 ヤクルトのベテランOBがこう言った。楽天の次期監督候補に浮上している元ヤクルト監督の古田敦也氏(49)。次期監督を探しているのは楽天だけじゃなく、古巣のヤクルトだって同じ。なのに再登板の話は一切、聞こえてこないのはなぜか。

 冒頭のOBは、「古田君は06年に捕手兼任監督に就任し、わずか2年で追われるようにヤクルトを去った。その当時の『古田アレルギー』がいまもヤクルト内に蔓延しているのです」と、こう続けた。

「戦う選手会長として04年の球界再編騒動で『時の人』となった古田君は、05年オフに堀オーナーと当時の多菊球団社長の後ろ盾を得て、4億とも5億ともいわれる年俸で兼任監督に就任。同時に、球団内に『Fプロジェクト』を立ち上げ球団経営にも参画。フジテレビの日枝社長(当時)から補強資金を引っ張るだけでなく、球団の金庫が底を突きかけるほどの莫大な資金を投下して補強、ファンサービス拡大を試みましたた。とろこが順位は3位にとどまり、観客動員は前年比わずか1%増。古田改革は“大失敗”に終わったというのが、フロントの評価なのです。球団をないがしろにするスタンドプレーも目立ち、周囲から白い目で見られました。にもかかわらず、チームが低迷したのは、球団がバックアップしてくれないから、補強にカネを使ってくれないからと言い、当時のフロントはみな怒り心頭だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る