楽天新監督に浮上の古田敦也氏 古巣から再登板の声ない理由

公開日:  更新日:

「楽天の次期監督候補に名前が挙がっても、古田君がヤクルト監督に復帰することはまずありません」

 ヤクルトのベテランOBがこう言った。楽天の次期監督候補に浮上している元ヤクルト監督の古田敦也氏(49)。次期監督を探しているのは楽天だけじゃなく、古巣のヤクルトだって同じ。なのに再登板の話は一切、聞こえてこないのはなぜか。

 冒頭のOBは、「古田君は06年に捕手兼任監督に就任し、わずか2年で追われるようにヤクルトを去った。その当時の『古田アレルギー』がいまもヤクルト内に蔓延しているのです」と、こう続けた。

「戦う選手会長として04年の球界再編騒動で『時の人』となった古田君は、05年オフに堀オーナーと当時の多菊球団社長の後ろ盾を得て、4億とも5億ともいわれる年俸で兼任監督に就任。同時に、球団内に『Fプロジェクト』を立ち上げ球団経営にも参画。フジテレビの日枝社長(当時)から補強資金を引っ張るだけでなく、球団の金庫が底を突きかけるほどの莫大な資金を投下して補強、ファンサービス拡大を試みましたた。とろこが順位は3位にとどまり、観客動員は前年比わずか1%増。古田改革は“大失敗”に終わったというのが、フロントの評価なのです。球団をないがしろにするスタンドプレーも目立ち、周囲から白い目で見られました。にもかかわらず、チームが低迷したのは、球団がバックアップしてくれないから、補強にカネを使ってくれないからと言い、当時のフロントはみな怒り心頭だったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る