舞台は着々も 大魔神・佐々木「DeNA来季監督」までの条件

公開日: 更新日:

「大魔神が監督をやっても、文句を言うやつはもう少ないんじゃないか」

 DeNAの周辺でこんな声が聞かれ始めた。

 29日、中日戦に先立ち、98年の日本一メンバーである佐々木主浩氏の野球殿堂入りを祝したセレモニーを行った。元タレントの加奈子夫人らを連れ立ち球場に現れた佐々木氏を、DeNA池田球団社長が出迎えるなどVIP感がタップリ。電光掲示板には現役時代の佐々木氏の偉業を称える映像が流れ、始球式も行われた。チームメートだった中日の谷繁兼任監督が打席に立ち、ファンを沸かせた。

「今の僕があるのはチーム、ファンの支えがあったから。これからもベイスターズの力になれれば」

 こう言ってベイスターズ愛を強調した大魔神。そもそも本人は、以前から古巣で監督をやりたくて仕方がないともっぱら。日米通算381セーブの実績からして、すでに監督になっていてもおかしくないのだが、過去に離婚スキャンダルがあったことなどから、DeNAの新規参入時は監督候補にも挙がらなかったといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る