グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日: 更新日:

 工藤公康新監督(51)を迎えたソフトバンクが、飽くなき補強に乗り出す。

 DeNAや西武を含む複数球団が獲得に乗り出していた松坂大輔(34)は「ほぼ入団が確実な情勢」(パ・リーグの編成担当)だという。松坂は今季、メッツで34試合に登板して3勝3敗1セーブ、防御率3.89。メッツとの契約は今季限りで切れ、先発起用を最優先したい本人の意向から日本球界復帰が有力視されている。 

 そして、ソフトバンクのさらなる標的が、今季DeNAで打率.305の成績を残したキューバのユリエスキ・グリエル内野手(30)だ。

 ソフトバンクは、スタンリッジ、ウルフ、サファテの3投手と主砲の李大浩の外国人4選手と、来季までの2年契約を結んでいる。しかし、今年6月に右ヒジの手術を受けたウルフは、来季開幕が絶望的。後半戦の失速は投壊が原因といわれるも、手薄な内野も補強ポイントらしい。球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  8. 8

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る