グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日:  更新日:

 工藤公康新監督(51)を迎えたソフトバンクが、飽くなき補強に乗り出す。

 DeNAや西武を含む複数球団が獲得に乗り出していた松坂大輔(34)は「ほぼ入団が確実な情勢」(パ・リーグの編成担当)だという。松坂は今季、メッツで34試合に登板して3勝3敗1セーブ、防御率3.89。メッツとの契約は今季限りで切れ、先発起用を最優先したい本人の意向から日本球界復帰が有力視されている。 

 そして、ソフトバンクのさらなる標的が、今季DeNAで打率.305の成績を残したキューバのユリエスキ・グリエル内野手(30)だ。

 ソフトバンクは、スタンリッジ、ウルフ、サファテの3投手と主砲の李大浩の外国人4選手と、来季までの2年契約を結んでいる。しかし、今年6月に右ヒジの手術を受けたウルフは、来季開幕が絶望的。後半戦の失速は投壊が原因といわれるも、手薄な内野も補強ポイントらしい。球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る