グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日:  更新日:

 工藤公康新監督(51)を迎えたソフトバンクが、飽くなき補強に乗り出す。

 DeNAや西武を含む複数球団が獲得に乗り出していた松坂大輔(34)は「ほぼ入団が確実な情勢」(パ・リーグの編成担当)だという。松坂は今季、メッツで34試合に登板して3勝3敗1セーブ、防御率3.89。メッツとの契約は今季限りで切れ、先発起用を最優先したい本人の意向から日本球界復帰が有力視されている。 

 そして、ソフトバンクのさらなる標的が、今季DeNAで打率.305の成績を残したキューバのユリエスキ・グリエル内野手(30)だ。

 ソフトバンクは、スタンリッジ、ウルフ、サファテの3投手と主砲の李大浩の外国人4選手と、来季までの2年契約を結んでいる。しかし、今年6月に右ヒジの手術を受けたウルフは、来季開幕が絶望的。後半戦の失速は投壊が原因といわれるも、手薄な内野も補強ポイントらしい。球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る