グリエルも横取り? ソフトB「青天井の財力」と「底なし強欲」

公開日: 更新日:

 工藤公康新監督(51)を迎えたソフトバンクが、飽くなき補強に乗り出す。

 DeNAや西武を含む複数球団が獲得に乗り出していた松坂大輔(34)は「ほぼ入団が確実な情勢」(パ・リーグの編成担当)だという。松坂は今季、メッツで34試合に登板して3勝3敗1セーブ、防御率3.89。メッツとの契約は今季限りで切れ、先発起用を最優先したい本人の意向から日本球界復帰が有力視されている。 

 そして、ソフトバンクのさらなる標的が、今季DeNAで打率.305の成績を残したキューバのユリエスキ・グリエル内野手(30)だ。

 ソフトバンクは、スタンリッジ、ウルフ、サファテの3投手と主砲の李大浩の外国人4選手と、来季までの2年契約を結んでいる。しかし、今年6月に右ヒジの手術を受けたウルフは、来季開幕が絶望的。後半戦の失速は投壊が原因といわれるも、手薄な内野も補強ポイントらしい。球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る