若手投手の保護優先 巨人・由伸にプロテクト漏れの可能性

公開日: 更新日:

 ヤクルトが巨人にFA移籍した相川亮二捕手(38)の人的補償リストを今か今かと待っている。

 10日、ロッテはFA移籍した成瀬の人的補償リストがヤクルトから届いたことを明かした。出すものを出したら今度は待つ番だ。しかも巨大戦力の巨人から1人を獲得できる。待ち遠しくて当然だ。

 相川の入団は前日9日に公示された。FA補償はここから2週間以内に名簿を提出し、40日以内に補償を完了しなければならないルールになっている。

 先月末にヤクルトの真中監督は「巨人では代打でも、うちならレギュラー。実績がある外野手が取れないかな。高橋由、矢野……」と話していた。ここにきて、「本当に高橋由が外れるのではないか?」との見方がヤクルト球団内にあるという。

 打撃コーチとの兼任が決まっている高橋由伸(39)は28人のプロテクトメンバーに当然入るとみられていた。が、雲行きが変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る