若手投手の保護優先 巨人・由伸にプロテクト漏れの可能性

公開日:  更新日:

 ヤクルトが巨人にFA移籍した相川亮二捕手(38)の人的補償リストを今か今かと待っている。

 10日、ロッテはFA移籍した成瀬の人的補償リストがヤクルトから届いたことを明かした。出すものを出したら今度は待つ番だ。しかも巨大戦力の巨人から1人を獲得できる。待ち遠しくて当然だ。

 相川の入団は前日9日に公示された。FA補償はここから2週間以内に名簿を提出し、40日以内に補償を完了しなければならないルールになっている。

 先月末にヤクルトの真中監督は「巨人では代打でも、うちならレギュラー。実績がある外野手が取れないかな。高橋由、矢野……」と話していた。ここにきて、「本当に高橋由が外れるのではないか?」との見方がヤクルト球団内にあるという。

 打撃コーチとの兼任が決まっている高橋由伸(39)は28人のプロテクトメンバーに当然入るとみられていた。が、雲行きが変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る