巨人兼任コーチに就任 “天才”高橋由伸は人を育てられるのか

公開日:  更新日:

「天才がゆえの不安はありますよね」

 巨人OBの評論家・高橋善正氏がこう言った。

 選手兼任打撃コーチへの就任が決まり、27日に川崎市内のジャイアンツ球場で始まった秋季練習の冒頭、ナインの前で挨拶をした高橋由伸(39)について、「長嶋(茂雄終身名誉監督)さんがその代表例ですが、理屈じゃ説明のしにくいことを平気でやってのけるから『天才』と言われるわけで、この手の人は得てして『感覚派』が多い。選手を教えるときに、腰をブンと回して、バットをピュッと振れ、というね。こういう伝え方がしっくりくる選手も中にはいる。『月に向かって打て』と教えられて、東映やヤクルトなどで486本塁打を打った大杉勝男(故人)もそう。でも、感覚では伝わらない選手の方が圧倒的に多いですから」と言うのだ。

 練習前に高橋由と“青空”会談を行った原監督は、「2人の高橋由伸がいる。そこは使い分けてくれと。コーチと選手。彼に能力があるから、そういう(兼任)役が回ってくる。将来的にコーチとして必要なわけだから。今はコーチもやってくれとは言っていない」と秋季練習中は選手に専念するとしたが、白羽の矢を立てた原沢代表兼GMは「卓越した打撃技術と明快な打撃理論は、すでにチーム内外で手本になっている。若手の育成が急がれる中で指導体制の充実に資するものと判断した」と理由を説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る