日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・鳥谷をメジャーへと駆り立てる“雲上”青木への嫉妬

 阪神から海外FA権を行使した鳥谷敬(33)。球界では「移籍したい理由がわからない」との声が少なくない。

 一部スポーツ紙が、「ブルージェイズが正二塁手候補としてメジャー契約を検討」と報じていたが、メジャーは実績のない日本人内野手と高額契約は結ばない。

 阪神は攻守の要である鳥谷に、「年俸4億円の複数年契約」を提示したともいわれている。「カネのことを考えれば阪神に残るのが大正解」というOBの助言は当然だろう。

 ならば、なぜ鳥谷はメジャーへ行きたいのか。キーマンは早大で同級生だった青木宣親(32=ロイヤルズからFA)だ。

 甲子園経験のない青木は早大3年秋に首位打者となり、03年ドラフト4巡目でヤクルトへ。プロ1年目にフレッシュ球宴MVP、05年は最多安打、首位打者、新人王になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事