日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ハンガー素振りでスイングの勘違いを短時間で修正できる

「ボールを数多く打つだけではうまくなれない」

 それを見事に証明しているのが永久シード選手の片山晋呉だ。今年もカシオワールドオープンで優勝しているが、ツアー会場での練習光景はかなり独特である。

 ドライビングレンジに入って、まずやるのが左打ち。左用のドライバーを手にしたら、30センチぐらいの高さにティーアップしたボールを、ポンポンと連続打ちする。

 続いて、両手を前後に離して持つ練習器具「ゴルフの竪琴」を使って素振りをし、ボールを打っている。

 クラブを手にしても漠然とボールを打たない。

 打ち出し方向をチェックするスティックを地面に置き、手とクラブのポジションを確認するシャフトを地面に刺し、かなり制限された状態でボールを打っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事