日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨季から5000万円増 MLB平均年俸は4億6000万円

 メジャーリーガーの報酬が右肩上がりを続けている。

 大リーグ選手会は23日(日本時間24日)、全30球団の平均年俸額を発表。今季は381万8923ドル(約4億6000万円)で、昨季の338万6212ドル(約4億1000万円)を上回った。

 同選手会によれば、平均年俸は92年に初めて100万ドルに達し、その後は上昇を続け、10年に300万ドルを突破。今オフはジャンカルロ・スタントン外野手がマーリンズと米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約390億円)で合意。大型契約が相次いでいる他、最低保障額が50万7500ドルに上がっただけに来季は400万ドルに達するのは確実な状況だ。

 選手会による調査は8月31日までにロースター(25人)入りした910人(故障者リスト入り選手を含む)を対象に実施した。

 日本人選手ではレッドソックス・上原(約10億8000万円)、マリナーズ・岩隈(約8億4000万円)、カブス・和田(約4億8000万円)の3人が今オフの再契約などで昇給を勝ち取った(23日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事