昨季から5000万円増 MLB平均年俸は4億6000万円

公開日:  更新日:

 メジャーリーガーの報酬が右肩上がりを続けている。

 大リーグ選手会は23日(日本時間24日)、全30球団の平均年俸額を発表。今季は381万8923ドル(約4億6000万円)で、昨季の338万6212ドル(約4億1000万円)を上回った。

 同選手会によれば、平均年俸は92年に初めて100万ドルに達し、その後は上昇を続け、10年に300万ドルを突破。今オフはジャンカルロ・スタントン外野手がマーリンズと米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約390億円)で合意。大型契約が相次いでいる他、最低保障額が50万7500ドルに上がっただけに来季は400万ドルに達するのは確実な状況だ。

 選手会による調査は8月31日までにロースター(25人)入りした910人(故障者リスト入り選手を含む)を対象に実施した。

 日本人選手ではレッドソックス・上原(約10億8000万円)、マリナーズ・岩隈(約8億4000万円)、カブス・和田(約4億8000万円)の3人が今オフの再契約などで昇給を勝ち取った(23日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る