昨季から5000万円増 MLB平均年俸は4億6000万円

公開日:  更新日:

 メジャーリーガーの報酬が右肩上がりを続けている。

 大リーグ選手会は23日(日本時間24日)、全30球団の平均年俸額を発表。今季は381万8923ドル(約4億6000万円)で、昨季の338万6212ドル(約4億1000万円)を上回った。

 同選手会によれば、平均年俸は92年に初めて100万ドルに達し、その後は上昇を続け、10年に300万ドルを突破。今オフはジャンカルロ・スタントン外野手がマーリンズと米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約390億円)で合意。大型契約が相次いでいる他、最低保障額が50万7500ドルに上がっただけに来季は400万ドルに達するのは確実な状況だ。

 選手会による調査は8月31日までにロースター(25人)入りした910人(故障者リスト入り選手を含む)を対象に実施した。

 日本人選手ではレッドソックス・上原(約10億8000万円)、マリナーズ・岩隈(約8億4000万円)、カブス・和田(約4億8000万円)の3人が今オフの再契約などで昇給を勝ち取った(23日現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る