2億円更改の巨人・長野 ひとりだけ“特別扱い”の裏事情

公開日: 更新日:

 11月に右ヒザの半月板修復手術と右ヒジのクリーニング手術を受けた巨人長野久義(30)が24日、現状を明かした。

 大トリとなった契約更改は年俸2億円でサイン。「リハビリは順調」とし、年明けには阿部や坂本らとのグアム自主トレにも例年通り参加する。「暖かいケニアで走った方がいいということなので」と冗談を飛ばしたものの、「ヒジの方が大変。やっと日常生活が上手にできるようになった程度」と言うから予断は許さない。

 原監督は先日、「(開幕への)道のりは横一線ではない。長野は特別。開幕のスターティングメンバーに名を連ねてもらいたい」とした。常々、「レギュラー白紙」を強調しているだけに、この発言は異例。長野の性格を考え、焦らずにリハビリに専念させたい意向を示したのも、術後の状態が楽観視できないからだ。

「春季キャンプは二軍で別メニューの可能性もあります。本人も『来年は(2月16日からの一軍の)沖縄(キャンプ)には行かないかもしれない』と話しています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る