2億円更改の巨人・長野 ひとりだけ“特別扱い”の裏事情

公開日:  更新日:

 11月に右ヒザの半月板修復手術と右ヒジのクリーニング手術を受けた巨人の長野久義(30)が24日、現状を明かした。

 大トリとなった契約更改は年俸2億円でサイン。「リハビリは順調」とし、年明けには阿部や坂本らとのグアム自主トレにも例年通り参加する。「暖かいケニアで走った方がいいということなので」と冗談を飛ばしたものの、「ヒジの方が大変。やっと日常生活が上手にできるようになった程度」と言うから予断は許さない。

 原監督は先日、「(開幕への)道のりは横一線ではない。長野は特別。開幕のスターティングメンバーに名を連ねてもらいたい」とした。常々、「レギュラー白紙」を強調しているだけに、この発言は異例。長野の性格を考え、焦らずにリハビリに専念させたい意向を示したのも、術後の状態が楽観視できないからだ。

「春季キャンプは二軍で別メニューの可能性もあります。本人も『来年は(2月16日からの一軍の)沖縄(キャンプ)には行かないかもしれない』と話しています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る