日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

グリエル逃した巨人が狙う2人の“お買い得”助っ人強打者

 喉から手が出るほど欲しかったグリエルのDeNA残留が決定的となり、獲得合戦に敗れた巨人。年の瀬を迎えて、各球団はほぼ補強を完了しているだけに、このまま巨人も終了? と思いきや、どうやらそうではないらしい。球界関係者がこう言うのだ。

「巨人はグリエル取りと並行して米国で投手の調査を行っていたが、グリエルが取れなかったことで事情が変わった。これまでに新外国人投手2人を押さえている。となると打者でしょう。そこで日本球界で活躍した助っ人2人の名前が浮上しているというのです」

 2人とはアンドリュー・ジョーンズ(37)とウィリー・モー・ペーニャ(32)のことだ。今季まで在籍した楽天とオリックスをそれぞれ退団。ジョーンズにはロッテ、ペーニャには楽天が興味を示していたが、まだ合意には至っていない。

「巨人も、左翼のレギュラー有力候補のアンダーソンが左ヒジの手術明けで未知数という不安がどうしても拭い去れない。2人とも左翼なら守れる。AJの場合、目安となる今季の年俸が4億円と破格。年齢的にAJより若いペーニャは1億2000万円だから、お買い得感はある」(前出の関係者)

 今季、ジョーンズは138試合で打率.221、24本塁打、71打点。複数年契約を希望し、オリックスの単年契約を蹴って交渉が決裂したペーニャは、140試合で打率.255、32本塁打、90打点と破壊力は十分。今季貧打に泣いた巨人は、2人が貴重な大砲候補になるとみて動き出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事