• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子初メジャーVへ 松山英樹がブチ当たるマキロイ攻略法

 日本人選手4人目の米ツアー優勝を果たし、世界ランク16位の松山英樹(22)には男子初のメジャー優勝の期待がかかる。

 しかしメジャーで勝つには、世界ランク首位に立ちメジャー4勝と経験豊富なローリー・マキロイ(25)が立ちはだかる。

 もちろんマキロイだけではないが、トッププロを超えない限り栄冠をつかむのは難しい。

 羽川豊プロがこう言う。

「マキロイは圧倒的なドライバー飛距離と精度の高いショットでゴルフを組み立てるのがうまく、プレーに躍動感があって初日から最終日までの72ホールをリズムよく戦うことができる。ひとたび勢いに乗ったら、全盛期のタイガー・ウッズのようにだれも手が付けられない爆発力もあります。4月のマスターズでは自身のグランドスラムがかかっており、V本命は間違いありません。しかし松山にもチャンスはあります。当初は戸惑っていた米国の芝にも、本格参戦2年目で慣れてきた。昨季(2013-14年)パーオン率64.03%(ランク116位)から、今季は71.48%(同90位)とデータが改善されている。闘志むき出しで、臆するタイプではないのでボールのつかまり方がイメージ通りにできたらメジャーでも優勝争いに絡むことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る