男子初メジャーVへ 松山英樹がブチ当たるマキロイ攻略法

公開日:  更新日:

 日本人選手4人目の米ツアー優勝を果たし、世界ランク16位の松山英樹(22)には男子初のメジャー優勝の期待がかかる。

 しかしメジャーで勝つには、世界ランク首位に立ちメジャー4勝と経験豊富なローリー・マキロイ(25)が立ちはだかる。

 もちろんマキロイだけではないが、トッププロを超えない限り栄冠をつかむのは難しい。

 羽川豊プロがこう言う。

「マキロイは圧倒的なドライバー飛距離と精度の高いショットでゴルフを組み立てるのがうまく、プレーに躍動感があって初日から最終日までの72ホールをリズムよく戦うことができる。ひとたび勢いに乗ったら、全盛期のタイガー・ウッズのようにだれも手が付けられない爆発力もあります。4月のマスターズでは自身のグランドスラムがかかっており、V本命は間違いありません。しかし松山にもチャンスはあります。当初は戸惑っていた米国の芝にも、本格参戦2年目で慣れてきた。昨季(2013-14年)パーオン率64.03%(ランク116位)から、今季は71.48%(同90位)とデータが改善されている。闘志むき出しで、臆するタイプではないのでボールのつかまり方がイメージ通りにできたらメジャーでも優勝争いに絡むことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る