男子初メジャーVへ 松山英樹がブチ当たるマキロイ攻略法

公開日: 更新日:

 日本人選手4人目の米ツアー優勝を果たし、世界ランク16位の松山英樹(22)には男子初のメジャー優勝の期待がかかる。

 しかしメジャーで勝つには、世界ランク首位に立ちメジャー4勝と経験豊富なローリー・マキロイ(25)が立ちはだかる。

 もちろんマキロイだけではないが、トッププロを超えない限り栄冠をつかむのは難しい。

 羽川豊プロがこう言う。

「マキロイは圧倒的なドライバー飛距離と精度の高いショットでゴルフを組み立てるのがうまく、プレーに躍動感があって初日から最終日までの72ホールをリズムよく戦うことができる。ひとたび勢いに乗ったら、全盛期のタイガー・ウッズのようにだれも手が付けられない爆発力もあります。4月のマスターズでは自身のグランドスラムがかかっており、V本命は間違いありません。しかし松山にもチャンスはあります。当初は戸惑っていた米国の芝にも、本格参戦2年目で慣れてきた。昨季(2013-14年)パーオン率64.03%(ランク116位)から、今季は71.48%(同90位)とデータが改善されている。闘志むき出しで、臆するタイプではないのでボールのつかまり方がイメージ通りにできたらメジャーでも優勝争いに絡むことができます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る