1日も休まず自主トレ 日ハム大谷のオフは“メジャー並み”

公開日:  更新日:

「あいつの意識の高さには驚かされる」

 日本ハムのフロントも、こう舌を巻いているという。

 10日、日ハムの大谷翔平(20)が契約するアシックスのスポーツ工学研究所で身体測定を行った。

 足の形や筋肉量、投球フォームや打撃モーションなどの解析を行った大谷は、「こういうのは初めてなので、やってもらってよかった」と笑顔を見せた。

 それにしても大谷は多忙なオフを送っている。テレビやスポーツ紙などメディアの取材が殺到しているのは言うに及ばず、連日イベントにも出席。多くの野球選手が好むゴルフも、「練習する活力が湧かない」と興味すら持たない。

 それでいて、自主トレは1日も休まずに汗を流している。ある日ハムのOBが言う。

「大谷が他の選手と違うのは、自主トレ中は常にひとりで練習をしていること。例えば、他の選手がウエートをしていたら自分はランニング。他の選手がランニングをする時間はウエートといった具合です。おそらく、その方が集中できるからではないか。オフ期間の自主トレは頭を使って考えながら取り組むものがほとんど。他の選手と和気あいあいでは集中することができない。ハードな練習をすることもないので、休日なんてないのが当然。むしろ、この時期に練習しない日をつくる選手の方がおかしいと考えています」

 多くのメジャーリーガーは、全日程を終えて1、2週間休んだ後はキャンプまで体を動かし続ける。将来的には米国移籍を考えている大谷だが、すでにオフ期間の過ごし方は「メジャー並み」と言っても過言じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る