競馬界に円安追い打ち…ジャパンC1着賞金増額も“目減り”

公開日:  更新日:

 2000年に2億5000万円になったジャパンカップの1着賞金が、2015年から3億円に増額される。ただ、これはあくまでも日本円での話。外国馬の関係者にとって大事なのは為替レートだ。

 例えば、JC創設の81年は1着賞金6500万円で1ドルは約220円。つまり、30万ドル弱である。超円高だった11年はJCの頃、78円台で何と320万ドル。創設からの35年で日本円では3.8倍だが、米ドルでは10倍以上になっている。

 ところが、アベノミクスによって最近は一気に円安に。1ドル=120円なら3億円は250万ドル。実は3年間で22%も目減りした計算に。ユーロでもやはり20%減なのだ。

 もちろん、15年の為替まではわからないが、安倍政権が続く以上、大幅な円高はないだろう。

 日本馬が強くなり、しかも世界一の高速馬場が欧米のホースマンに嫌われている上に、円安が追い打ち。これでは大物外国馬の参戦は望めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る