日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競馬界に円安追い打ち…ジャパンC1着賞金増額も“目減り”

 2000年に2億5000万円になったジャパンカップの1着賞金が、2015年から3億円に増額される。ただ、これはあくまでも日本円での話。外国馬の関係者にとって大事なのは為替レートだ。

 例えば、JC創設の81年は1着賞金6500万円で1ドルは約220円。つまり、30万ドル弱である。超円高だった11年はJCの頃、78円台で何と320万ドル。創設からの35年で日本円では3.8倍だが、米ドルでは10倍以上になっている。

 ところが、アベノミクスによって最近は一気に円安に。1ドル=120円なら3億円は250万ドル。実は3年間で22%も目減りした計算に。ユーロでもやはり20%減なのだ。

 もちろん、15年の為替まではわからないが、安倍政権が続く以上、大幅な円高はないだろう。

 日本馬が強くなり、しかも世界一の高速馬場が欧米のホースマンに嫌われている上に、円安が追い打ち。これでは大物外国馬の参戦は望めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事