競馬界に円安追い打ち…ジャパンC1着賞金増額も“目減り”

公開日: 更新日:

 2000年に2億5000万円になったジャパンカップの1着賞金が、2015年から3億円に増額される。ただ、これはあくまでも日本円での話。外国馬の関係者にとって大事なのは為替レートだ。

 例えば、JC創設の81年は1着賞金6500万円で1ドルは約220円。つまり、30万ドル弱である。超円高だった11年はJCの頃、78円台で何と320万ドル。創設からの35年で日本円では3.8倍だが、米ドルでは10倍以上になっている。

 ところが、アベノミクスによって最近は一気に円安に。1ドル=120円なら3億円は250万ドル。実は3年間で22%も目減りした計算に。ユーロでもやはり20%減なのだ。

 もちろん、15年の為替まではわからないが、安倍政権が続く以上、大幅な円高はないだろう。

 日本馬が強くなり、しかも世界一の高速馬場が欧米のホースマンに嫌われている上に、円安が追い打ち。これでは大物外国馬の参戦は望めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る