1ドル120円時代…円安地獄乗り切る「外貨建て」家計防衛

公開日:  更新日:

「1ドル=120円」時代が現実味を増している。ハイパー円安が続いて物価が上昇しても、その分、給料が上がる保証はどこにもない。家計は火の車、まさに“円安地獄”だ。せめてなけなしの資産を「外貨建て」にして家計防衛を思案中という読者も多いだろう。さてポイントは?

「やはり、ドルで考えるのが一番でしょう。何といっても基軸通貨、ユーロなどより市場が大きい分、為替レートのブレがあっても収斂されやすい。ただリスクを考えれば、外貨建ては手元資産の2~3割に抑えるべきでしょうね」とは、ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏だ。

 パッと思いつくのは外貨預金だろうが、これはあまりお勧めできないという。“定期預金”だから簡単に解約できず、円安メリットを享受できるタイミングを逸してしまう可能性がある。

 そのうえ為替手数料もバカにならない。1ドル=2円として、売買の行って来いで4円。1ドル=115円で預金しても、単純計算で本当に120円まで円安が進まないと、家計防衛にはならない。「満期が来た時には円高だった」では、目も当てられないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る