1ドル120円時代…円安地獄乗り切る「外貨建て」家計防衛

公開日:  更新日:

「1ドル=120円」時代が現実味を増している。ハイパー円安が続いて物価が上昇しても、その分、給料が上がる保証はどこにもない。家計は火の車、まさに“円安地獄”だ。せめてなけなしの資産を「外貨建て」にして家計防衛を思案中という読者も多いだろう。さてポイントは?

「やはり、ドルで考えるのが一番でしょう。何といっても基軸通貨、ユーロなどより市場が大きい分、為替レートのブレがあっても収斂されやすい。ただリスクを考えれば、外貨建ては手元資産の2~3割に抑えるべきでしょうね」とは、ファイナンシャルプランナーの紀平正幸氏だ。

 パッと思いつくのは外貨預金だろうが、これはあまりお勧めできないという。“定期預金”だから簡単に解約できず、円安メリットを享受できるタイミングを逸してしまう可能性がある。

 そのうえ為替手数料もバカにならない。1ドル=2円として、売買の行って来いで4円。1ドル=115円で預金しても、単純計算で本当に120円まで円安が進まないと、家計防衛にはならない。「満期が来た時には円高だった」では、目も当てられないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る