FA相川の人的補償 ヤクルトの「じらし作戦」に巨人が悲鳴

公開日: 更新日:

 昨季限りでヤクルトの監督を退任した小川シニアディレクター(SD)が5日、職員に「フロント1年生として勉強してチームの優勝に貢献したい」と挨拶した。

 巨人にFA移籍した相川の人的補償リストは、昨年12月半ばに届いている。8日にも真中新監督らと会議を行う予定だが、ヤクルト球団関係者は「2週間後の18、19日まで発表しない可能性がある」という。

 人的補償は「コミッショナーからFA当該選手の契約締結の公示が行われた後40日以内」。相川は12月9日に公示されたから19日が期限となる。ギリギリまで人選を先延ばしすることで困るのは巨人。すでに待つ側の巨人は「早く決めて欲しい」とじれている。某球界関係者がこう言う。

「12月にグリエル獲得に失敗したこともあって、原監督たっての希望で外国人補強の可能性もまだ残されている。水面下ではトレードの話も進めているものの、人的補償が終わってからとペンディング中。ヤクルトが早く返事をしてくれないと、キャンプインまでずれ込んでしまうかもしれない。そもそも巨人で新年までチーム編成が固まらないのは異例。球団には焦りもあるようですから」

 昨季最下位球団がリーグV3の巨人にFAで選手を持っていかれた。ヤクルトがそれくらいの抵抗をしてもバチは当たらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る