FA相川の人的補償 ヤクルトの「じらし作戦」に巨人が悲鳴

公開日:  更新日:

 昨季限りでヤクルトの監督を退任した小川シニアディレクター(SD)が5日、職員に「フロント1年生として勉強してチームの優勝に貢献したい」と挨拶した。

 巨人にFA移籍した相川の人的補償リストは、昨年12月半ばに届いている。8日にも真中新監督らと会議を行う予定だが、ヤクルト球団関係者は「2週間後の18、19日まで発表しない可能性がある」という。

 人的補償は「コミッショナーからFA当該選手の契約締結の公示が行われた後40日以内」。相川は12月9日に公示されたから19日が期限となる。ギリギリまで人選を先延ばしすることで困るのは巨人。すでに待つ側の巨人は「早く決めて欲しい」とじれている。某球界関係者がこう言う。

「12月にグリエル獲得に失敗したこともあって、原監督たっての希望で外国人補強の可能性もまだ残されている。水面下ではトレードの話も進めているものの、人的補償が終わってからとペンディング中。ヤクルトが早く返事をしてくれないと、キャンプインまでずれ込んでしまうかもしれない。そもそも巨人で新年までチーム編成が固まらないのは異例。球団には焦りもあるようですから」

 昨季最下位球団がリーグV3の巨人にFAで選手を持っていかれた。ヤクルトがそれくらいの抵抗をしてもバチは当たらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る