昨季の教訓生かされず FA相川獲得で巨人が払う大きな代償

公開日: 更新日:

 巨人は13日、都内のホテルでヤクルトからFA宣言した相川亮二捕手(38)と初交渉を行った。ヤクルトとの残留交渉はすでに終わっており、現時点で巨人以外に獲得に動く球団はないため、移籍は決定的だ。

 相川の今季年俸は1億1000万円でBランク。補償は年俸の60%または人的補償1人+年俸の40%となる。巨大戦力を抱える巨人は人材の宝庫。今からプロテクト「28人」から漏れる選手に注目が集まっている。

 投手では実績のある久保裕也(34)、有望株ながら「28人」には入れそうにない江柄子裕樹(28)らが狙われる。

 野手ならゴールデングラブ賞の経験もある松本哲也(30)。原監督は「外野の守備力は12球団一」と言うが、今季は同タイプの橋本到(24)の台頭もあって出番が激減。ヤクルトの真中新監督は「センターライン」の守備力強化を掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る