日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自主トレで気合 ヤクルト成瀬を支える"ロッテ憎し"の反骨心

「自主トレのテーマはコミュニケーションです」

 緊張の面持ちでこう言ったのは、ロッテからヤクルトにFA移籍した成瀬善久(29)。8日、都内で移籍後初の自主トレを公開。同じジムに通う先輩の石川から声をかけられたそうで、ランニングなどで汗を流した。成瀬は「最低でも2ケタ勝利」と意気込む一方で、「自分は人見知り。ファーストコンタクトをどうすればいいか迷っています」と苦笑いを浮かべたものの、あるロッテOBは、「成瀬は今、古巣を見返してやろうと気合が入っている。期待していいと思う」と、こう続けた。

「昨夏まではロッテに残るものだと思っていた。『自分が後輩を引っ張っていかないといけない』と言っていたくらいだから。でも、球団との残留交渉で流れが変わった。残留要請は全くなく、出ていっても結構と言わんばかり。年俸のダウン提示を受け、必要とされていないことにかなりショックを受けていた。これがFA移籍を決断するきっかけになったようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事