巨人ゾッコンのドラ1候補 駒大・今永に「社会人入り」情報

公開日:  更新日:

 巨人が20日、スカウト会議を行い、今秋のドラフト会議に向けた170人の候補をリストアップした。山下スカウト部長は「Aクラスは6人」と言った。

 球団関係者によると、その中でも1位の有力候補は、駒大・今永昇太投手(3年=北筑)だという。

 178センチ、78キロ。昨秋の明治神宮大会で駒大を日本一に導いた最速148キロの即戦力左腕だ。パ・リーグの某スカウトは「投球フォームのバランスがいいから直球が伸びる。多彩な変化球もあって、何より制球力が抜群。安定感、完成度はナンバーワン」と言う。

 そんな超目玉左腕に気になる情報がある。このスカウトが続ける。

「現場で社会人入りの可能性がささやかれているんです。高校生ならある話でも、大学生のバリバリのドラ1候補では前代未聞。駒大関係者によると、今永は自分の実力を客観視して、プロ入りは社会人でもっと認められてからでも遅くないと話しているようなのです。今どきの1位候補は勘違いしてしまう選手が多い中、逆に大したヤツだとプロ側の評価は上がっている。といっても、本当に社会人入りされてしまったら、球団からこっちが大目玉を食らいますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る