巨人ゾッコンのドラ1候補 駒大・今永に「社会人入り」情報

公開日: 更新日:

 巨人が20日、スカウト会議を行い、今秋のドラフト会議に向けた170人の候補をリストアップした。山下スカウト部長は「Aクラスは6人」と言った。

 球団関係者によると、その中でも1位の有力候補は、駒大・今永昇太投手(3年=北筑)だという。

 178センチ、78キロ。昨秋の明治神宮大会で駒大を日本一に導いた最速148キロの即戦力左腕だ。パ・リーグの某スカウトは「投球フォームのバランスがいいから直球が伸びる。多彩な変化球もあって、何より制球力が抜群。安定感、完成度はナンバーワン」と言う。

 そんな超目玉左腕に気になる情報がある。このスカウトが続ける。

「現場で社会人入りの可能性がささやかれているんです。高校生ならある話でも、大学生のバリバリのドラ1候補では前代未聞。駒大関係者によると、今永は自分の実力を客観視して、プロ入りは社会人でもっと認められてからでも遅くないと話しているようなのです。今どきの1位候補は勘違いしてしまう選手が多い中、逆に大したヤツだとプロ側の評価は上がっている。といっても、本当に社会人入りされてしまったら、球団からこっちが大目玉を食らいますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る