“歴代トップの名将”に王手 「大阪桐蔭」春夏連覇の可能性

公開日: 更新日:

「夏春連覇は簡単ではないと思う」

 高校野球に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏はこう分析する。

 23日に発表されたセンバツの出場校。近畿地区で選ばれた昨夏の優勝校・大阪桐蔭が5連勝で優勝を決めれば、西谷浩一監督(45)が元PL学園監督・中村順司氏の勝率(.853)を抜いて歴代トップに躍り出る。

 ただ、西谷監督になって春夏通算4回の優勝を誇る全国屈指の強豪校も、春は比較的苦手。夏は24勝3敗、勝率.889と圧倒的な強さを見せる一方、4度出場の春は9勝3敗、勝率.750。優勝は藤浪晋太郎(現阪神)がエースとして君臨した12年の1度。残りの3度はいずれも1、2勝しかできずに甲子園を去っている。昨秋の近畿大会は天理(奈良)に敗れてベスト8にとどまった。

 前出の安倍氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る