• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

収穫あった? 阪神・藤浪“マエケン仕込み”で狙う大谷越え

「充実した時間でした」

 こう話すのは阪神の藤浪晋太郎(20)。広島の前田健太らと行った自主トレの成果について、「(前田からは)投球の考え方とかを聞いた。動作の再現性が高いと感じた」と、収穫を得た様子だった。

「再現性が高い」というのは、より正確に同じ動作ができるということ。ひいては安定したパフォーマンスにつながる。

 藤浪は昨季、新人年から2年連続となる2ケタ勝利(11勝8敗)を達成するも、100球を超えると球威が落ちたり、制球が定まらずに四球を連発したりと、バタバタする投球も見せていた。マエケンは昨季まで5年連続で2ケタ勝利。安定した成績を残しており、自分に足りないものを埋めるということでは今回の合同自主トレは正解かもしれない。

 藤浪が他球団の選手と自主トレをすることには、球団内外で賛否が出たそうだが、阪神の首脳陣は藤浪に対して基本的に放任主義だ。日本のエースの力を借りた3年目、二刀流で今季も注目を集める同期の大谷翔平(日本ハム)に負けないくらいの飛躍を遂げたいところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る