開幕戦は旧型を手に 宮里藍を“パット下手”にした父親の評判

公開日:  更新日:

 すがるモノはそれしかない。

 米女子ゴルフツアーの今季開幕戦、コーツ選手権が28日に初日を迎える。米ツアー10年目の宮里藍(29)にとって今年は正念場だ。昨季は賞金ランク86位で初めて賞金シードを失った。優勝争いどころか、ベスト10入りも皆無だった。

 厳しいシーズンを送った最大の要因はパットだ。ロレックスランク1位の朴仁妃など、多くのツアー仲間がお手本としていたパッティングに悩み続け、70センチ前後のパットを外しまくった。パット下手は数字を見ても明らかだ。10年の平均パット数28.67は部門別ランク3位。パーオン時の平均パット数1.730は同1位。11年もそれぞれ29.07(4位)、1.779(2位)。それが昨季は、31.75(117位)に1.887(122位)だった。

 宮里が心酔するコーチのピア・ニールソンやリン・マリオットは、基本的にパッティングは教えない。グリーン上は父である優氏だけが頼りだ。あるツアー記者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る