日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

青森で松坂2世を見つけた

 フリーの指導者として、これまでに行った高校の中に、松坂大輔(34=現ソフトバンク)になりうる逸材を発見した。
 青森・弘前学院聖愛の1年生左腕・伊藤瑠君だ。他に好投手が2人いるため、まだエースではない。私が見た時は直球は140キロ弱。それでも球がホップするから、打者がボールの下を空振りしていた。身長184センチ、体重90キロ。堂々とした体格だが、投手としては太い。冬の間に10キロ絞ること。太っていると体が動かない。走れないと投手は成長しない。

 横浜高入学時の松坂も同じくらい太かった。それをハードな練習で絞りに絞って急成長した。ボールの質とともに、そんなところにも、かつての松坂の面影を感じた。順調に成長すれば、3年時にはドラフト1位候補になるかもしれない楽しみな左腕だ。

 熊本・城北ではマシンを使ったシート打撃を行った。これは走攻守の練習が効率的にできるメリットがある。「1死一、二塁」を想定。打球によって状況が変わるようにすれば、練習の密度が濃くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事