今季で辞任も他球団は評価 ヤクルト小川監督の意外な“手腕”

公開日:  更新日:

「監督退任でひと悶着あるかもしれない」

 ヤクルトOBが心配顔でこう言った。ヤクルトは小川監督(57)の退任が決定。気になるのは今後の去就だが、衣笠球団社長は「何らかの形で残っていただきたい」と、フロント入りを打診したという。

 小川監督は一軍監督として4年間でAクラス2度。一軍ヘッド、二軍監督、二軍コーチを歴任し、ヤクルト内で最も現場を熟知している人物だ。スカウトとしては名球会入りした宮本慎也氏(43)を発掘するなど眼力もあり、人望も厚い。チーム内では、「2年連続最下位になったのは、他球団と比べて戦力不足だったことも大きい。小川さんは球界に顔が広いし、GMとしてチーム再建に尽力してほしい」との声も出ている。

■GMとして他球団に流出も?

「ただ、小川監督がすんなりとフロント入りするかは不透明だ」と、冒頭のヤクルトOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る