今季で辞任も他球団は評価 ヤクルト小川監督の意外な“手腕”

公開日: 更新日:

「監督退任でひと悶着あるかもしれない」

 ヤクルトOBが心配顔でこう言った。ヤクルトは小川監督(57)の退任が決定。気になるのは今後の去就だが、衣笠球団社長は「何らかの形で残っていただきたい」と、フロント入りを打診したという。

 小川監督は一軍監督として4年間でAクラス2度。一軍ヘッド、二軍監督、二軍コーチを歴任し、ヤクルト内で最も現場を熟知している人物だ。スカウトとしては名球会入りした宮本慎也氏(43)を発掘するなど眼力もあり、人望も厚い。チーム内では、「2年連続最下位になったのは、他球団と比べて戦力不足だったことも大きい。小川さんは球界に顔が広いし、GMとしてチーム再建に尽力してほしい」との声も出ている。

■GMとして他球団に流出も?

「ただ、小川監督がすんなりとフロント入りするかは不透明だ」と、冒頭のヤクルトOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る