日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季で辞任も他球団は評価 ヤクルト小川監督の意外な“手腕”

「監督退任でひと悶着あるかもしれない」

 ヤクルトOBが心配顔でこう言った。ヤクルトは小川監督(57)の退任が決定。気になるのは今後の去就だが、衣笠球団社長は「何らかの形で残っていただきたい」と、フロント入りを打診したという。

 小川監督は一軍監督として4年間でAクラス2度。一軍ヘッド、二軍監督、二軍コーチを歴任し、ヤクルト内で最も現場を熟知している人物だ。スカウトとしては名球会入りした宮本慎也氏(43)を発掘するなど眼力もあり、人望も厚い。チーム内では、「2年連続最下位になったのは、他球団と比べて戦力不足だったことも大きい。小川さんは球界に顔が広いし、GMとしてチーム再建に尽力してほしい」との声も出ている。

■GMとして他球団に流出も?

「ただ、小川監督がすんなりとフロント入りするかは不透明だ」と、冒頭のヤクルトOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事