• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天・銀次の超絶技巧 40m先のネットに打球連発の圧巻

 プロアマを問わず、球界には抜群のバットコントロールを持つ人たちがいる。

 オリックスの森脇監督はソフトバンクのコーチ時代、本塁からノックした打球を左翼ポールに命中させた。愛媛の松山商業を率いて甲子園で全国制覇した故一色俊作氏は、外野に立てたビール瓶をノックで倒したとか。

 彼らの域に達しているかどうかはともかく、楽天の銀次(26)がこのキャンプで見せるバットコントロールも相当なもの。

 全体練習の前後に行うティー打撃で、打球を40メートルほど先の打撃ネットに入れるのだ。数年前に考案した練習法で、スイングをチェックするのに役立つとか。ボールを40メートル離れた直径1メートルの的に当てるのは手で投げたって至難の業なのに、好調なときは何球も続けて入れる。銀次のバットコントロールがいかに優れているかが分かる。

 昨季の打率は3割2分7厘。首位打者を獲得した糸井(オ)に4厘届かなかった。今季は大久保監督に3番を打つことを期待され、6日の紅白戦でさっそく右前打。初の首位打者取りに視界良好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る