• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国で“就活中”の元楽天AJ 敏腕代理人でも新天地決まらず

 昨季まで楽天でプレーした、かつてのスター選手が米球団に売り込みを図っているという。

 元楽天のアンドリュー・ジョーンズ外野手(37)のことだ。スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が伝えたところによれば、昨季限りで楽天を自由契約になったジョーンズは一塁か外野の控え、指名打者としてのプレーを希望しているという。

 ジョーンズはメジャー通算17年間で、打率2割5分4厘、434本塁打、1289打点。ブレーブスやヤンキースなどでプレーし、オールスターには5回出場し、ゴールドグラブ賞は10回受賞している。13年からは楽天に所属し、281試合で打率2割3分2厘、50本塁打、165打点だった。

 ジョーンズの代理人であるスコット・ボラス氏は「まだ、全盛期のパワーを持ち合わせている。日本で(1シーズンに)25本塁打できれば(メジャーでも)通用する」と話している。

 ジョーンズは今年の4月で38歳。41歳のイチローの新天地がなかなか決まらなかったように、メジャーではベテラン野手の再就職は厳しいのが実情だ。

 敏腕代理人の売り込みにかけるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る