米国で“就活中”の元楽天AJ 敏腕代理人でも新天地決まらず

公開日: 更新日:

 昨季まで楽天でプレーした、かつてのスター選手が米球団に売り込みを図っているという。

 元楽天のアンドリュー・ジョーンズ外野手(37)のことだ。スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が伝えたところによれば、昨季限りで楽天を自由契約になったジョーンズは一塁か外野の控え、指名打者としてのプレーを希望しているという。

 ジョーンズはメジャー通算17年間で、打率2割5分4厘、434本塁打、1289打点。ブレーブスやヤンキースなどでプレーし、オールスターには5回出場し、ゴールドグラブ賞は10回受賞している。13年からは楽天に所属し、281試合で打率2割3分2厘、50本塁打、165打点だった。

 ジョーンズの代理人であるスコット・ボラス氏は「まだ、全盛期のパワーを持ち合わせている。日本で(1シーズンに)25本塁打できれば(メジャーでも)通用する」と話している。

 ジョーンズは今年の4月で38歳。41歳のイチローの新天地がなかなか決まらなかったように、メジャーではベテラン野手の再就職は厳しいのが実情だ。

 敏腕代理人の売り込みにかけるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る