日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・高橋由兼任コーチが「ベスト体重」キープに秘めたもの

 4日、巨人の高橋由伸兼任打撃コーチ(39)が、「コーチ」業をスタートさせた。

 最初に選手としてフリー打撃を終えると、ストップウオッチを握ってケージ裏へ。中日から移籍した堂上らに声をかけると、途中からこの日で2日間の巨人キャンプ視察を終えた松井秀喜(40)が合流。

 将来の巨人監督の有力候補2人が、談笑しながら打撃練習を見守った。高橋由のコーチ姿について松井は、「ケージの裏でストップウオッチを押している姿はサマになっていた」とニヤリ。

 高橋由はこう言った。

「コーチ初仕事? やっているよ。もっと前から。サマになっているかは、よく分からないけど」

 前日の3日目まで表立ったコーチ業は行っていなかったが、原監督によれば「(高橋由は)夜、宿舎でビデオを見たりする時に選手と話をしている。今日初めてではないと思うよ」とのこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事