日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沢村だけじゃない 巨人原監督が「菅野以外“総中継ぎ”」構想

 巨人の内海哲也(32)が意気込んでいる。

 昨季は登板10試合目にやっと初勝利。7勝に終わった。今年の目標を「開幕投手と15勝以上」と設定しているものの、現実は厳しい。「開幕」は昨季12勝でセ・リーグMVPの菅野が最有力。「巨人のエース」の称号もこっちに渡っているどころか、チーム内ではこんな見方まである。

「菅野以外は開幕ローテに入っても、結果次第では昨季の打順のようにコロコロ入れ替わるのではとみられている。昨年のクライマックスシリーズで阪神に4連敗を食らったことが原因。先発陣は右ヒジの故障で離脱していた菅野の穴を誰も埋められなかった。これに原監督は怒りと失望を感じたというのです。今オフに松坂や金子らの目玉補強にも失敗。『菅野以外は信用しない』とまでは言わなくても、杉内、大竹のFA組だろうが、投手陣のリーダー内海だろうが例外はなさそうです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事