• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沢村だけじゃない 巨人原監督が「菅野以外“総中継ぎ”」構想

 巨人の内海哲也(32)が意気込んでいる。

 昨季は登板10試合目にやっと初勝利。7勝に終わった。今年の目標を「開幕投手と15勝以上」と設定しているものの、現実は厳しい。「開幕」は昨季12勝でセ・リーグMVPの菅野が最有力。「巨人のエース」の称号もこっちに渡っているどころか、チーム内ではこんな見方まである。

「菅野以外は開幕ローテに入っても、結果次第では昨季の打順のようにコロコロ入れ替わるのではとみられている。昨年のクライマックスシリーズで阪神に4連敗を食らったことが原因。先発陣は右ヒジの故障で離脱していた菅野の穴を誰も埋められなかった。これに原監督は怒りと失望を感じたというのです。今オフに松坂や金子らの目玉補強にも失敗。『菅野以外は信用しない』とまでは言わなくても、杉内、大竹のFA組だろうが、投手陣のリーダー内海だろうが例外はなさそうです」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る