打たれて「ホラ見てみい」士気下げた長嶋監督のベンチワーク

公開日: 更新日:

 黒江氏は口が過ぎて長嶋監督を怒らせたこともあった。

「納得できない采配だったので、試合後監督室に行って<あの作戦はどういう意図でやられたのですか?>と質問すると、長嶋さんは顔色を変えて<いいからやればいいんだよ!>と珍しく声を荒らげました。次の日、監督はこういう作戦をやりたかったのではないかということをメモにして渡しました。長嶋さんは手紙を読む時、右手の人さし指で字を追う癖がある。指を動かしメモを読み終えると<何だ、わかってたんじゃないか>と言われてホッとしたものです」

 長嶋監督は就任2年目に優勝。3連覇を逃した53年に黒江コーチは退任する。

「長嶋さんに<片腕としてよくやってくれたけど、球団の考えなんだ。申し訳ないが辞めてくれ>と。私は涙ながらに<片腕の黒江を切るなら私も辞めますと、なぜ言ってくれなかったのですか>と訴えました。むちゃなことを言ったものです」

 6年に及んだ第1次長嶋政権の優勝は2度に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る