寂しいキャンプ続く阪神 「話題不足」がチームにプラスの理由

公開日: 更新日:

「今年は練習に身が入るんじゃないか」

 ある阪神OBがこう言った。

 毎年のように大型補強を繰り返してきた阪神。昨オフ、獲得に動いた金子はオリックスに残留。ロッテ・成瀬はヤクルトに、米国帰りの中島はオリックスに横取りされた。

 阪神というチームは関西マスコミの飯のタネだ。他球団からのFA移籍や、ちょっと名前の売れている新人、メジャーで実績のある助っ人が加入してきたら、それこそ「救世主」のようにマスコミは金魚のフンのごとくついて回り、紙面やテレビで持ち上げ、商売する。

 だが、今年のキャンプは例年とは異なる。鳥谷残留はチームにとってはよかったかもしれないが、すでに終わった話。故障で二軍スタートのドラ1左腕・横山雄哉(20=新日鉄住金鹿島)は、アマ時代は人気者というわけではなく、来日が遅れているゴメスにしても新味に欠ける。大物の新人や助っ人の加入はなく、12球団で最も話題に乏しく、寂しいキャンプになっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る