寂しいキャンプ続く阪神 「話題不足」がチームにプラスの理由

公開日:  更新日:

「今年は練習に身が入るんじゃないか」

 ある阪神OBがこう言った。

 毎年のように大型補強を繰り返してきた阪神。昨オフ、獲得に動いた金子はオリックスに残留。ロッテ・成瀬はヤクルトに、米国帰りの中島はオリックスに横取りされた。

 阪神というチームは関西マスコミの飯のタネだ。他球団からのFA移籍や、ちょっと名前の売れている新人、メジャーで実績のある助っ人が加入してきたら、それこそ「救世主」のようにマスコミは金魚のフンのごとくついて回り、紙面やテレビで持ち上げ、商売する。

 だが、今年のキャンプは例年とは異なる。鳥谷残留はチームにとってはよかったかもしれないが、すでに終わった話。故障で二軍スタートのドラ1左腕・横山雄哉(20=新日鉄住金鹿島)は、アマ時代は人気者というわけではなく、来日が遅れているゴメスにしても新味に欠ける。大物の新人や助っ人の加入はなく、12球団で最も話題に乏しく、寂しいキャンプになっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る