3球団渡り歩いた助っ人ブランコが告白「監督は落合が一番」

公開日:  更新日:

 2009年に中日で打撃2冠(本塁打・打点)を取ったトニ・ブランコ(34)。13年には移籍したDeNAでも打率と打点のタイトルを獲得。昨年は度重なる故障で、85試合、打率.283、17本塁打、60打点という物足りない数字に終わり、DeNAを退団。オリックスに移籍し復活を目指す。

 キャンプインしてまだ2週間では、森脇浩司監督(54)のことはよくわからないだろうが、これまでの球団では個性的な監督のもとでプレーしてきた。中日時代の落合博満(61)、高木守道(73)両監督、DeNAの中畑清監督(61)はどんな監督だったのか……。

 来日7年目。日本の野球にもすっかり慣れた助っ人は、新天地と、キャンプで接した森脇監督についてどんな印象を持っているのか。まず、そこから話をスタートさせた。

「(昨年まで在籍していた)DeNAの時から思っていたんだ。いい投手が大勢いるチームだなと。そのオリックスでプレーできるというのは光栄だし、うれしいよ。優勝を狙えるチームだと思う。森脇監督とはまだあまりコミュニケーションをとっていないが、非常に紳士的な監督という印象だね。これから少しずつ彼の性格や考え方を学んでいきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る