日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3球団渡り歩いた助っ人ブランコが告白「監督は落合が一番」

 2009年に中日で打撃2冠(本塁打・打点)を取ったトニ・ブランコ(34)。13年には移籍したDeNAでも打率と打点のタイトルを獲得。昨年は度重なる故障で、85試合、打率.283、17本塁打、60打点という物足りない数字に終わり、DeNAを退団。オリックスに移籍し復活を目指す。

 キャンプインしてまだ2週間では、森脇浩司監督(54)のことはよくわからないだろうが、これまでの球団では個性的な監督のもとでプレーしてきた。中日時代の落合博満(61)、高木守道(73)両監督、DeNAの中畑清監督(61)はどんな監督だったのか……。

 来日7年目。日本の野球にもすっかり慣れた助っ人は、新天地と、キャンプで接した森脇監督についてどんな印象を持っているのか。まず、そこから話をスタートさせた。

「(昨年まで在籍していた)DeNAの時から思っていたんだ。いい投手が大勢いるチームだなと。そのオリックスでプレーできるというのは光栄だし、うれしいよ。優勝を狙えるチームだと思う。森脇監督とはまだあまりコミュニケーションをとっていないが、非常に紳士的な監督という印象だね。これから少しずつ彼の性格や考え方を学んでいきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事