3球団渡り歩いた助っ人ブランコが告白「監督は落合が一番」

公開日: 更新日:

 2009年に中日で打撃2冠(本塁打・打点)を取ったトニ・ブランコ(34)。13年には移籍したDeNAでも打率と打点のタイトルを獲得。昨年は度重なる故障で、85試合、打率.283、17本塁打、60打点という物足りない数字に終わり、DeNAを退団。オリックスに移籍し復活を目指す。

 キャンプインしてまだ2週間では、森脇浩司監督(54)のことはよくわからないだろうが、これまでの球団では個性的な監督のもとでプレーしてきた。中日時代の落合博満(61)、高木守道(73)両監督、DeNAの中畑清監督(61)はどんな監督だったのか……。

 来日7年目。日本の野球にもすっかり慣れた助っ人は、新天地と、キャンプで接した森脇監督についてどんな印象を持っているのか。まず、そこから話をスタートさせた。

「(昨年まで在籍していた)DeNAの時から思っていたんだ。いい投手が大勢いるチームだなと。そのオリックスでプレーできるというのは光栄だし、うれしいよ。優勝を狙えるチームだと思う。森脇監督とはまだあまりコミュニケーションをとっていないが、非常に紳士的な監督という印象だね。これから少しずつ彼の性格や考え方を学んでいきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る