「総仕上げの最終章」巨人・原監督が初めて語った“ポスト原”

公開日: 更新日:

巨人の監督はどうあるべきか。それを伝えていくのが自分の役割だと思っています」

 原監督(56)が、スポーツライターの駒沢悟氏にこう言ったという。駒沢氏はプロ野球取材歴50年の元スポーツ紙記者。原監督とはお互いの現役時代から親交がある。

 原監督は今季が2年契約の最終年。リーグ4連覇を果たし、日本一を奪回すれば当然、契約延長の話が出るところだが、周囲は「ポスト原」の話題でかまびすしい。

 昨年11月には白石オーナーが、「原監督の契約の任期はもう1年。来年中にいろんなことを考えなきゃいけない。続投もあるかもしれないし、ポスト原を決めなきゃいけないかもしれない。松井君も『ポスト原』の有力候補であることは間違いない」と16年以降の監督人事について言及。年明けには、長嶋終身名誉監督がテレビ番組の中で、「ファンは(松井が)監督になることを願っている。今年のシーズンオフあたり、やってくれると思うけどね。早く、そろそろ巨人の監督になってくれたらいいなと思っています」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る