「総仕上げの最終章」巨人・原監督が初めて語った“ポスト原”

公開日: 更新日:

「巨人の監督はどうあるべきか。それを伝えていくのが自分の役割だと思っています」

 原監督(56)が、スポーツライターの駒沢悟氏にこう言ったという。駒沢氏はプロ野球取材歴50年の元スポーツ紙記者。原監督とはお互いの現役時代から親交がある。

 原監督は今季が2年契約の最終年。リーグ4連覇を果たし、日本一を奪回すれば当然、契約延長の話が出るところだが、周囲は「ポスト原」の話題でかまびすしい。

 昨年11月には白石オーナーが、「原監督の契約の任期はもう1年。来年中にいろんなことを考えなきゃいけない。続投もあるかもしれないし、ポスト原を決めなきゃいけないかもしれない。松井君も『ポスト原』の有力候補であることは間違いない」と16年以降の監督人事について言及。年明けには、長嶋終身名誉監督がテレビ番組の中で、「ファンは(松井が)監督になることを願っている。今年のシーズンオフあたり、やってくれると思うけどね。早く、そろそろ巨人の監督になってくれたらいいなと思っています」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る