「総仕上げの最終章」巨人・原監督が初めて語った“ポスト原”

公開日:  更新日:

「巨人の監督はどうあるべきか。それを伝えていくのが自分の役割だと思っています」

 原監督(56)が、スポーツライターの駒沢悟氏にこう言ったという。駒沢氏はプロ野球取材歴50年の元スポーツ紙記者。原監督とはお互いの現役時代から親交がある。

 原監督は今季が2年契約の最終年。リーグ4連覇を果たし、日本一を奪回すれば当然、契約延長の話が出るところだが、周囲は「ポスト原」の話題でかまびすしい。

 昨年11月には白石オーナーが、「原監督の契約の任期はもう1年。来年中にいろんなことを考えなきゃいけない。続投もあるかもしれないし、ポスト原を決めなきゃいけないかもしれない。松井君も『ポスト原』の有力候補であることは間違いない」と16年以降の監督人事について言及。年明けには、長嶋終身名誉監督がテレビ番組の中で、「ファンは(松井が)監督になることを願っている。今年のシーズンオフあたり、やってくれると思うけどね。早く、そろそろ巨人の監督になってくれたらいいなと思っています」と発言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る