• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃は超高校級も…巨人ドラ1岡本の“笑えない”サード守備

「強襲デビュー!」とスポーツ紙は書いたが、本人に笑顔はなかった。

 12日の二軍紅白戦に「6番・三塁」で先発出場したドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の初実戦は安打、四球、空振り三振という結果。二回の初打席で放った投手強襲安打も会心の当たりではなかったとあって、本人は「ただのピッチャーゴロ。ヒットと思ってません」と仏頂面で繰り返した。

 ただ、高校通算73本塁打の打撃は、首脳陣の評価がすこぶる高い。パワーと柔らかさを兼ね備えたスイングは、あまたのタイトルホルダーを育てた指導者歴34年目の内田二軍打撃コーチが、「私が携わった選手の中で一番かも。彼を育てられなければという責任感で緊張しているくらい」と言うほど。第1クールに視察したOBの松井秀喜からも、「バットが内からしなるように出て、安定してボールを捉えている」と絶賛された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る