打撃は超高校級も…巨人ドラ1岡本の“笑えない”サード守備

公開日: 更新日:

「強襲デビュー!」とスポーツ紙は書いたが、本人に笑顔はなかった。

 12日の二軍紅白戦に「6番・三塁」で先発出場したドラフト1位・岡本和真(18=智弁学園高)の初実戦は安打、四球、空振り三振という結果。二回の初打席で放った投手強襲安打も会心の当たりではなかったとあって、本人は「ただのピッチャーゴロ。ヒットと思ってません」と仏頂面で繰り返した。

 ただ、高校通算73本塁打の打撃は、首脳陣の評価がすこぶる高い。パワーと柔らかさを兼ね備えたスイングは、あまたのタイトルホルダーを育てた指導者歴34年目の内田二軍打撃コーチが、「私が携わった選手の中で一番かも。彼を育てられなければという責任感で緊張しているくらい」と言うほど。第1クールに視察したOBの松井秀喜からも、「バットが内からしなるように出て、安定してボールを捉えている」と絶賛された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る