日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

松坂の投球フォーム 悪癖が抜けずに悪循環に陥ってる

 プロ野球がキャンプインしてから、9年ぶりに日本球界に復帰したソフトバンクの松坂大輔に電話をしてみた。横浜高校を退任した私は現在はフリー。松坂を激励したいと思った。

「宮崎におまえを見に行くよ」

「来てください!」

 松坂はこう言ってくれたものの、宮崎がちょっとしたフィーバーになっているようで躊躇している。当初は報道陣が100人近く張り付き、サインをしようにもファンにもみくちゃにされているようなのだ。

 一挙手一投足が注目される。衆人環視というのは、普通の神経なら参ってしまう。ただ、高校時代からフィーバーには慣れている。注目されて夜も眠れない、なんてタマではない。そこは心配していないが、肝心の投球のデキが悪い。

 ブルペンでフォーム固めに取り組んでいる様子をテレビで見る限り、投げる時に顔が上を向いてしまっている。テークバックに入る過程で両手を広げた時、右肩も下がっている。メジャー時代の悪い松坂だ。左足を上げようかという段階ですでに右肩が落ちている。これでは球持ちが悪くなる。肩のラインは平行に近い形が理想。トンボなどの長い棒を首の後ろに通して投げてみると、いかに傾いているかがよく分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事