すでに現場は不在覚悟 DeNAグリエルに「5月上旬来日」説

公開日: 更新日:

 グリエルは先日、MLBの公式サイトで「(MLBで)プレーしたい。誰もが世界の最高レベルでプレーしたいと願っている。野球選手にとってはそれがMLBだ」と発言している。先日行われたカリビアンシリーズにキューバ代表として出場し、メジャーのスカウトたちはその一挙手一投足を追いかけた。昨年はメジャーのスカウトが日本に何度も視察に訪れてもいる。某メジャー関係者がこう言う。

「グリエルはメジャーのスカウトが視察に来ていることを知り、去年の時点でメジャー挑戦に色気を持っていた。実際に、某東海岸の球団は、年俸10億円超の破格条件を用意していたといわれている。今年からアメリカとキューバの国交正常化交渉が始まり、順調にコトが進めば今オフにも合法的にメジャー移籍を果たすことができますから」

 もっとも、グリエル来日後に中堅に回される可能性が高い二塁の石川は順調にキャンプメニューを消化しているし、中堅は若手の桑原、関根がポジション争いで火花を散らしている。進藤ヘッドコーチは、「グリエルありきというより、昨季は開幕から負け越したわけだし、今季は開幕からの1カ月で5割、貯金を目指す準備をすることが先決」と言っている。現場はすでにグリエル不在を覚悟しているのかもしれない。

 チームの結束力を考えても、キューバの至宝の途中合流はむしろ、マイナス面が大きいようにも思えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る