「球筋を…」松井秀喜がDeNAナインに伝授した“打撃の極意”

公開日: 更新日:

「シンプルだけど奥が深い。そんな印象でした」

 DeNAキャンプを視察中の松井秀喜(40)について、大村打撃コーチがこう言った。

 2日目となった6日、午前中に三浦、尚成、筒香とゴルフを楽しむと、ラウンド後に二軍が練習する宜野湾へ。中畑監督と並んで打撃練習を見守った松井のもとに、5年目外野手の荒波(29)が駆け寄った。身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送った松井は、巨人キャンプ視察の際には「2人での話なので」と選手に対するアドバイスの中身を開陳することはなかったが、ここ沖縄では荒波がこう明かした。

「打席に入った時、打つタイミングよりも、投手の球筋を意識することが大事だと。常にボールが甘く来ることをイメージしている、とおっしゃっていたのが新鮮でした。また、調子が悪い時はチームのために自分が何をすべきか、できるかを考えることが大事だと。たとえ打てなくても、四球を取るとか、守備をしっかりするとか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る