「球筋を…」松井秀喜がDeNAナインに伝授した“打撃の極意”

公開日:  更新日:

「シンプルだけど奥が深い。そんな印象でした」

 DeNAキャンプを視察中の松井秀喜(40)について、大村打撃コーチがこう言った。

 2日目となった6日、午前中に三浦、尚成、筒香とゴルフを楽しむと、ラウンド後に二軍が練習する宜野湾へ。中畑監督と並んで打撃練習を見守った松井のもとに、5年目外野手の荒波(29)が駆け寄った。身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを送った松井は、巨人キャンプ視察の際には「2人での話なので」と選手に対するアドバイスの中身を開陳することはなかったが、ここ沖縄では荒波がこう明かした。

「打席に入った時、打つタイミングよりも、投手の球筋を意識することが大事だと。常にボールが甘く来ることをイメージしている、とおっしゃっていたのが新鮮でした。また、調子が悪い時はチームのために自分が何をすべきか、できるかを考えることが大事だと。たとえ打てなくても、四球を取るとか、守備をしっかりするとか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る