マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スイングのバランスが悪い人は片足立ちでボールを打とう

公開日: 更新日:

「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」ということわざがあるが、ゴルフにおいてこれが当てはまるのがテークバック。

 飛ばそうとしてテークバックでクラブを大きく振り上げ過ぎると、オーバースイングのトップになってしまうからだ。

 プロの場合、例えば今年から米女子ツアーに参戦している横峯さくらはオーバースイングでもバランスが崩れていないが、アマチュアは横峯のようにはうまくいかない。

 オーバースイングになると、その大半はダウンスイングで振り遅れが発生する。加えて、トップでバランスが崩れているから、ボールに当たりづらく、いわゆるミート率が悪いスイングにもなっているのだ。

 では、どうすればオーバースイングを解消できるのか?

 テークバックの意識を変えることよりも大事なのは、わざと制限された状態をつくること。例えば、右足を宙に浮かせ、左足だけでアドレスする。片足で立ったままスイングしてみてほしい。これだと、少しでもバランスが崩れるとよろけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る