マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スイングのバランスが悪い人は片足立ちでボールを打とう

公開日:  更新日:

「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」ということわざがあるが、ゴルフにおいてこれが当てはまるのがテークバック。

 飛ばそうとしてテークバックでクラブを大きく振り上げ過ぎると、オーバースイングのトップになってしまうからだ。

 プロの場合、例えば今年から米女子ツアーに参戦している横峯さくらはオーバースイングでもバランスが崩れていないが、アマチュアは横峯のようにはうまくいかない。

 オーバースイングになると、その大半はダウンスイングで振り遅れが発生する。加えて、トップでバランスが崩れているから、ボールに当たりづらく、いわゆるミート率が悪いスイングにもなっているのだ。

 では、どうすればオーバースイングを解消できるのか?

 テークバックの意識を変えることよりも大事なのは、わざと制限された状態をつくること。例えば、右足を宙に浮かせ、左足だけでアドレスする。片足で立ったままスイングしてみてほしい。これだと、少しでもバランスが崩れるとよろけてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る