イチローが新天地マーリンズで“ベテラン扱い”きっぱり拒否

公開日:  更新日:

「(ナインは)みんな23歳とか25歳の選手が多くて、とりあえずバットが杖に見えないように頑張ります」――。

 マーリンズ・イチロー(41)が独特の表現で新天地での意気込みを口にした。

 マーリンズの野手組が24日(日本時間25日)、フロリダ州ジュピターでキャンプイン。今季メジャー15年目を迎えるベテラン外野手はオリックス時代から慣れ親しんだ背番号「51」のユニホームに身を包み始動。フリー打撃では首脳陣や同僚選手が見守る中、鋭い当たりを連発し、かつての安打製造機の片鱗をアピールした。

 今季はメジャー屈指の外野陣といわれる左翼イエリッチ(23)、中堅オズナ(23)、右翼スタントン(25)に次ぐ「4人目の外野手」の位置付けだ。現時点では出場機会が限られるが「もちろん、(役割は)この時点では受け入れている。でも、去年(のヤンキースでは)5番目でしたから。それよりもずっといいです」と努めて前向きに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る