由伸が自打球、阿部も故障寸前…巨人アラフォー“青息吐息”

公開日: 更新日:

「いってぇぇぇー!」

 沖縄のグラウンドに悲鳴が響いた。

 20日の巨人キャンプ。原監督の肝いりで導入されている、「体感160キロ」の打撃マシンを相手にしていた兼任コーチの高橋由伸(39)。自打球が右足に直撃してその場で悶絶した。声を上げながら打撃ケージを出たベテランは、足を引きずってベンチ裏へ。簡単な治療では痛みが引かなかったのか、球団が用意した車に乗って、そのまま宿舎へ引き揚げた。

 160キロマシンは当初から、選手からの評判があまりよくなかった。速球に振り負けないスイングをつくるため、という原監督の思惑は理解しながらも、チーム内では「故障防止のために金属バットで打つのも認められている。それだけ危ないってこと。そもそもプロが金属バットって……」という声が少なくなかったのだが、ついにその犠牲者が出たわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  10. 10

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

もっと見る