日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸が自打球、阿部も故障寸前…巨人アラフォー“青息吐息”

「いってぇぇぇー!」

 沖縄のグラウンドに悲鳴が響いた。

 20日の巨人キャンプ。原監督の肝いりで導入されている、「体感160キロ」の打撃マシンを相手にしていた兼任コーチの高橋由伸(39)。自打球が右足に直撃してその場で悶絶した。声を上げながら打撃ケージを出たベテランは、足を引きずってベンチ裏へ。簡単な治療では痛みが引かなかったのか、球団が用意した車に乗って、そのまま宿舎へ引き揚げた。

 160キロマシンは当初から、選手からの評判があまりよくなかった。速球に振り負けないスイングをつくるため、という原監督の思惑は理解しながらも、チーム内では「故障防止のために金属バットで打つのも認められている。それだけ危ないってこと。そもそもプロが金属バットって……」という声が少なくなかったのだが、ついにその犠牲者が出たわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事