由伸が自打球、阿部も故障寸前…巨人アラフォー“青息吐息”

公開日:  更新日:

「いってぇぇぇー!」

 沖縄のグラウンドに悲鳴が響いた。

 20日の巨人キャンプ。原監督の肝いりで導入されている、「体感160キロ」の打撃マシンを相手にしていた兼任コーチの高橋由伸(39)。自打球が右足に直撃してその場で悶絶した。声を上げながら打撃ケージを出たベテランは、足を引きずってベンチ裏へ。簡単な治療では痛みが引かなかったのか、球団が用意した車に乗って、そのまま宿舎へ引き揚げた。

 160キロマシンは当初から、選手からの評判があまりよくなかった。速球に振り負けないスイングをつくるため、という原監督の思惑は理解しながらも、チーム内では「故障防止のために金属バットで打つのも認められている。それだけ危ないってこと。そもそもプロが金属バットって……」という声が少なくなかったのだが、ついにその犠牲者が出たわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る