巨人・岡本の「プロ初本塁打」を二軍首脳陣が喜べない理由

公開日: 更新日:

 宮崎で二軍キャンプを送る巨人ドラフト1位ルーキー岡本和真(18=智弁学園)が25日、プロ入り初本塁打を放った。

 対外試合2戦目となる二軍の練習試合に「6番・DH」で出場。二回にヤクルト新垣の直球を左翼席後方のネットに突き刺した。

 一軍は沖縄2次キャンプ中だが、宮崎での朗報は原監督の耳にすぐに届いた。「どういう形でも、何というか良い糧とする。何かを掴んだら、それを離さず将来に生かしていけばいい」と称賛。二軍首脳陣もさぞ喜んでいるだろうと思いきや、こちらはそうでもないらしい。

「紅白戦と20日の初の対外試合は三塁で出場したけど、ルーキーなのにこの日は『DH』。これが現状です。『打高守低』といわれる課題の三塁守備は『時間がかかりそう』が現段階の評価。岡崎二軍監督らのファーム首脳陣は、焦らずじっくり育成する方針です。しかし、原監督も同じ考えとは限らない。ドラ1ルーキーは気になるだろうし、『打てるなら上げてこい』といつ言うか分からない。キャンプの二軍スタートにしても、原監督は『やみくもに二軍というのはない』と最後まで一軍抜擢を模索していましたから」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る