巨人・岡本の「プロ初本塁打」を二軍首脳陣が喜べない理由

公開日:  更新日:

 宮崎で二軍キャンプを送る巨人のドラフト1位ルーキー岡本和真(18=智弁学園)が25日、プロ入り初本塁打を放った。

 対外試合2戦目となる二軍の練習試合に「6番・DH」で出場。二回にヤクルト新垣の直球を左翼席後方のネットに突き刺した。

 一軍は沖縄2次キャンプ中だが、宮崎での朗報は原監督の耳にすぐに届いた。「どういう形でも、何というか良い糧とする。何かを掴んだら、それを離さず将来に生かしていけばいい」と称賛。二軍首脳陣もさぞ喜んでいるだろうと思いきや、こちらはそうでもないらしい。

「紅白戦と20日の初の対外試合は三塁で出場したけど、ルーキーなのにこの日は『DH』。これが現状です。『打高守低』といわれる課題の三塁守備は『時間がかかりそう』が現段階の評価。岡崎二軍監督らのファーム首脳陣は、焦らずじっくり育成する方針です。しかし、原監督も同じ考えとは限らない。ドラ1ルーキーは気になるだろうし、『打てるなら上げてこい』といつ言うか分からない。キャンプの二軍スタートにしても、原監督は『やみくもに二軍というのはない』と最後まで一軍抜擢を模索していましたから」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る